求める人物像

代表からのメッセージ

向上心があること。
チャレンジ精神が旺盛なこと。
主体性があること。
自立した会計人になること。

人間力の伴う専門家集団として
どんな仕事であっても
愚直に、妥協せず
仕事に打ち込める人を
歓迎しています。

鈴江総合会計事務所
所長
鈴江 武

変化する日本社会とこれからの安定。

終身雇用や学歴社会といった長らく日本経済を支えてきた雇用慣行が崩れつつある昨今、高学歴と一流企業への就職といった安定神話も崩れつつあります。AI社会の到来やアジア圏を中心とした諸外国の台頭など、日本経済を取り巻く環境も大きく変化しています。わが国でも生産性の向上や働き方改革が声高に求められる時代となってきました。このような経済・社会状況の中、安定した生活を獲得するためには、これまで以上に自分自身のスキルを高めること、すなわちサラリーマンであっても「仕事の腕を磨く」ことこそが安定した生活を確保する上で、最大の武器になってきていると感じています。

当事務所の取り組み。

私たちは会計・税務の専門家集団として、お客様の黒字経営と税金負担の最適化の実現を使命としています。プロの専門家集団として、私たち自身が「仕事の腕を磨く」ことを常に意識し、誇りをもって日々の仕事に取り組んでいます。そのような私たちの熱意が通じているのか、当事務所のお客様は8割以上の会社が利益を計上されています。わが国の法人の黒字申告割合が3割程度であることから考えると、当事務所の取り組みが一定の成果につながっている結果であると考えています。

専門知識と同じく人間力が大事。

わが国の経済・社会状況が刻一刻と変化する中、学歴や過去の栄光にすがり「仕事の腕を磨く」ことを怠ってきた方たちにとっては、厳しい時代が到来しつつあると言えます。これは専門家とて同じです。資格にすがり専門家としての価値を磨くことを怠ってきた方も多いのではないでしょうか。
では専門家としての価値とは何でしょうか?
一つにはスキル面の価値、すなわち専門領域における知識・経験を高めることが必要であり、絶対不可欠なものだと言えます。多くの専門家は、この専門領域におけるスキルの重要性は認識していると思います。

私たちは、この専門領域におけるスキルの他に、より重要な価値として、専門家の「人間力」を高める必要があると考えています。「人間力」が不足している専門家は、お客様と良好なコミュニケーションがとれなかったり、お客様の立場・状況への配慮が不十分であったり、中には自分自身を「偉い人」と勘違いしているような専門家も見受けられます。このような「人間力」に乏しい専門家は、たとえスキルが高くても、お客様から真のパートナーとして認めてもらえないのではないでしょうか。

一緒に成長できる会計事務所として。

当事務所は、お客様から真に必要とされる専門家集団として、より多くのお客様に対し、会計面を通した黒字経営のサポートと、節税策等の立案による税金負担の最適化を実現したいと考えています。そのためには、多くのスタッフの方に、当事務所の仕事を通し「仕事の腕を磨く」こと、すなわち「専門領域におけるスキルの向上」と「人間力の向上」を実現して頂きたいと願っています。和気あいあいとした雰囲気の中にも、お客様と一緒に自分自身も成長してゆく喜びを感じられる、そんな会計事務所でありたいと考えています。

そのためには、「お客様を選ぶ」こともあります。

真面目で成長志向があり、挑戦意欲もある経営者と共に歩んでいくからこそ、当事務所のベストパフォーマンスが発揮できることを、私たちは知っています。
お客様の立場・状況に十分配慮してお客様の成長をサポートすることが私たちの仕事ですが、経営を自分事と考えていない経営者や、融資を受けるために粉飾したり脱税思考をお持ちの経営者とは一緒に歩むことが難しいと考えています。
だからそこ、私たちに顧問税理士を変えたいというご要望を受けたとしても、そのお客様が当事務所のサービスでベストパフォーマンスを発揮できるパートナーになって頂けるのか、見極めています。
一緒に歩んでいける良質なお客様を選ぶから信頼関係が醸成され、時には寄り添い、時には厳しいことをお伝えしながらも、お客様の業績アップに貢献できていると考えています。

Recruit

採用に関するお問い合わせ

06-4963-3792
受付 / 平日 9:00 ~ 17:30
エントリーする